ビア会

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビールの”スタイル”は「けものフレンズ」で覚えると最高にわかりやすい

 

f:id:jam-pop-life:20170322102643j:plain

 

こんにちは。森ケイタです。

 

みなさん、クラフトビール飲んでますかーーー???

 

クラフトビールの注目度は上がってきたのですが、

最近よく「どれを飲んでいいかわからない」という声を聴きます。

 

なので今回は、クラフトビールの「スタイル」について、これだけは覚えておいてほしい6スタイルを厳選して紹介します!

 

 

ビアスタイルとは何なのさ?

居酒屋などに行くと、日本では大抵数種類のビールしか置いていないです。どの銘柄のビールか、どんなスタイルか知らなくても、「とりあえず生中」と注文すれば勝手にピルスナーというスタイルの金色のビールが出てきます。

(エビスの場合は”ドルトムント”と呼ばれるスタイルです。)

 

しかし、ビールといっても白ビールから黒ビール、いろんなカラーや味がありますよね。造られた国だって、材料だって違います。

 

ビアスタイルは、一言でいうと

 

ビールの種類のことです。

 

そんな事気にしてたらビールが不味くなっちゃうよーと言う方も、とりあえず話を聞いて下さい(笑)

 

全てのビールが何かしらのスタイルに割り振られているので、初めて飲むビールでもそのスタイルを聞くだけで、どんな味や色のビールなのかわかるようになっているんです。

 

これによって、多種多様にあるビールの中から、自分のお気に入りの一杯を見つけやすくなるんです!

 

ビアスタイルいくつあるの?

f:id:jam-pop-life:20170321161100p:plain

 

実はビールの種類ってこんなにあるんです!!びっくりしませんか?

 

こんなにたくさん文字があるとどこを見ていいのかわからなくなりますよね。とりあえず、この図では、真ん中のビールグラスの上下、ALESLAGERSだけ見ればいいです。

 

お気づきの方もいらっしゃるでしょうが、キリンのラガーのラガーです。

 

 

ビアスタイルは、エールラガーに大きく分けられ、そこから様々な特徴をもとに分岐されてきます。

 

簡潔にまとめると

 

  • ラガー:下面発酵酵母による10℃以下の発酵でキリっとシャープな飲み口
  • エール:上面発酵酵母による16℃から24℃付近での発酵でフルーティーな飲み口

 

となります。

 

この二つからどんどん派生していって

 

現在、ビアスタイルは150種類以上あると言われています。

 

もちろん私もすべて知っているわけではないですし、ビール業界にいらっしゃる方でもすべてを言える方はいらっしゃらないと思いますが、こんなにあるとさすがに覚える気無くしますよね。

 

 

じゃあ、何を覚えればいいのかというと、

 

これから説明する6種類を覚えたら基本的にほとんどのビールを網羅できます!

 

150種以上のスタイルもほとんどはこの6種類から派生したビアスタイルなので、確実にどれかに近いビールになっています。

 

なので安心してくださいね。ビールの世界にも「のけもの」はいません!

この記事を読んだらみんなフレンズです!

安心してついてきて下さいー♪

 

けものはいても のけものはいない

ビアスタイルは、基本的に酵母の種類と生まれた国で決まりますが、今回は最もわかりやすい ”” という要素で見ていきましょう。

 

どんなビアスタイルにもかならず、このくらいの色だな~ってのがあります。

フレンズたちもいろんな色があるんで、そことリンクさせちゃえばかなりわかりやすいですね。

 (個人的には色の印象が一番分けやすいと思っています。)

 

もちろん、色以外の要素もスタイル分けには重要になってきますので、そこはその都度説明していきますね。

 

それでは行きましょう! 

 

ピルスナー / スナネコ

f:id:jam-pop-life:20170321122343p:plain

出典livedoor.4.blogimg.jp

 

ピルスナースナネコで決定です。特にこの毛の色とリボンの色が、金色のピルスナーとその上に立つ白色の泡を彷彿させます。

 

スナネコは砂漠地帯に生息しており、日中熱された砂の上を歩くため足に長い毛を持っています。そんな乾燥した暑い地域で飲むビールと言えば、のど越しもよくサラサラと飲めるピルスナーです!

ピルスナー

f:id:jam-pop-life:20170321145424j:plain

ピルスナーは下面発酵酵母を用いて造られるビールで、「ラガー」の中のピルスナーという位置づけです。1842年チェコピルゼン地方で発祥し、現在は全世界で飲まれているビール。日本の大手ビールのほとんどがこのジャンル。

写真 : ピルス / ラグニタス(アメリカ) 

特徴
  • 一般的に甘味や苦味が少なく喉の通りがいいので「ごくごく飲めるビール」
  • 色は黄金色、泡は白色

 おすすめピルスナー

 

 

香りがとても爽やかなピルスナーです。このビールが好きすぎて去年、北海道の醸造所にまで橋を運びました!小樽ビールのピルスナーは比較的近所の大きなスーパーでも見るので、見かけたら手に取ってみてください!

 

ペールエール / サーバル

f:id:jam-pop-life:20170321122018p:plain

出典livedoor.4.blogimg.jp

 

サーバルちゃんは完全にペールエールだと確信しています。

理由は、毛の色がペールエールに似ていることと、上面発酵酵母の活発な発酵がサーバルちゃんのおてんばな性格と似ているからです。上面発酵酵母は16℃~24℃で活発に発行し、自身の出す二酸化炭素の影響で発酵タンクの上層に上がって来ます。発酵が終わると自然と沈んで行きますが、ビールには酵母の生産した華やかな香りが残ります。

「すごーい!」

 

ペールエール

f:id:jam-pop-life:20170321145831p:plain

ペールエールは上面発酵酵母を用いたビールで、19世紀初頭にイギリスで確立されたスタイル。今ではクラフトビールの代名詞的存在になっています。

写真 : ペールエール / バス(イギリス)

特徴
  • 色は黄金色~銅色
  • 上面発酵酵母の華やかな香りと、若草のようなホップの苦味

おすすめペールエール

 

 

アメリカの老舗が作る柑橘系の香りが超ここちいいビールです!苦味もあるのですが、麦の甘さがあるので楽しんでみてください。厳密には「カリフォルニアコモンズ」というスタイルなのですが、アメリカンスタイルペールエールとして紹介しました!

 

IPA / アメリカビーバー

f:id:jam-pop-life:20170321122523p:plain

出典livedoor.4.blogimg.jp

 

「よろしくっす!」こういうボーイッシュなしゃべり方する女の子って間違いなくかわいいですよね。アメリカビーバーかわいい。

IPAと言えば一番最初に思いついたのがアメリカビーバーIPAはアメリカの西海岸で最も熱狂的に生産されており、IPAはペールエールをベースにホップの香りと苦みを前面に押し出したスタイルであると考えていいです。

 IPA(インディアンペールエール)

f:id:jam-pop-life:20170321150303p:plain

 IPAの発祥はイギリスで、インドへの長い航海の途中にビールが痛まないようにと殺菌効果のあるホップを大量に入れたことがきっかけ。現在世界的に流行っているのはホップ感の強いアメリカンスタイルIPA

写真 : パンクIPA / ブリュードッグ(イギリス)

特徴
  • ペールエールと比較してホップの香りと苦みが強い
  • アルコール度数が5~7.5%とやや高い

おすすめIPA

 

 

私が最も得意とするIPA。その中でもシエラネバダIPAはとてつもない衝撃がありました。口の中にパッションフルーツやメロンの香りが広がって、麦の甘さを感じるなーと思った瞬間、苦味が恐ろしい強さでタックルしてきます。IPA好きなら是非一度。

ヴァイツェン / アルパカ・スリ

f:id:jam-pop-life:20170321122203p:plain

出典livedoor.4.blogimg.jp

ヴァイツェンは間違いなくアルパカ・スリ です。ヴァイツェンが「白ビール」と呼ばれていることを考えるとわかっていただけますよね。曇りのあるイエローに真っ白でふわふわな泡が立つのがヴァイツェンの特徴の一つ。

 

ふああぁぁあ!いらっしゃい!よぉうこそぉ~ジャパリカフェぇ~!

 

アルパカ・スリのなまったあのしゃべり方が大好きなのですが、ヴァイツェンも比較的他のビールに比べてまったりしたくせのある印象があります。

 

ヴァイツェン

f:id:jam-pop-life:20170321150709p:plain

 南ドイツのバイエルン地方で産まれた、麦芽全体の50%以上が小麦麦芽で造られるビールです。基本的には酵母をろ過しないで飲むため、まったりとした口当たりがあります。

写真 : ヘフェヴァイツェン / プランク(ドイツ)

特徴

おすすめヴァイツェン

 

 

スポーツバーなんかでたま~に見かけるこのヴァイツェンは、完成しきっています。ヴァイツェンならではのバナナやクローブの香り、未ろ過のまったり感。苦味はほとんどなく甘い余韻が続きます。ドイツの白いソーセージやプレッツェルと一緒に頂くと悶絶するほど旨いです。うわー太りそうな合わせ方だな。

スタウト / ツチノコ

f:id:jam-pop-life:20170321122438p:plain

出典livedoor.4.blogimg.jp

 「黒ビール」で有名なスタウトはツチノコです。

ツチノコは恥ずかしがりやさんで、自分の好きなことになると急に感情が高ぶるような、少しコミュ障感があります。ここがスタウトの重厚感とマッチしないかなーと考えていたのですが、バレンタインデーの近くになると「チョコレートスタウト」という可愛らしい商品が現れることを考えると、ツチノコの愛らしさとマッチするのではないかと思って決めました。ローストした香りときめ細かい泡、コーヒーやビターチョコと形容されるビールです。

 

スタウト

f:id:jam-pop-life:20170321151006p:plain

スタウトは1759年にアイルランドにて産まれました。これが有名な「ギネス」です。ギネスが世界に認知されるようになり、各地で生産されるようになりました。また、スタウトをさらにハイアルコールにしたインペリアルスタウトというスタイルも生まれました。

写真  : ギネス(アイルランド

特徴
  • 酵母はペールエールと同じ上面発酵酵母
  • 色は漆黒、泡はベージュ色できめが細かい
  • ロースト香と苦みがあり、コーヒーを飲んでいるような感覚

おすすめスタウト

 

 

私のお気に入りブルワリーの一つ、大阪の箕面ビールが作るスタウトは世界大会でも2014年に金賞、2017年に銅賞を取るほどの実力があります。コーヒー、ビターチョコのような味わいと、フィニッシュがドライになるのが特徴で、ゆっくり、でも何杯でも飲みたくなります。

フルーツビール / トキ

f:id:jam-pop-life:20170321122306p:plain

出典anisoko.up.n.seesaa.net

 

フルーツビールは何といってもトキでしょう!フルーツビールと言っても種類は沢山あるのですが、ビールにサクランボを漬け込んだ、ベルギーの「カンティヨン・クリーク」の色にとても似ています。ビールなのにピンク?!って驚きませんでした?フルーツビールは比較的こんな赤みがかった色が多いですよ。使う果汁とベースのビールの色によって様々な色がありますし、味も甘さや酸味があります。

フルーツビール

f:id:jam-pop-life:20170321151146p:plain

ベルギーでは酸味の強い熟成ビールにさくらんぼなどのフルーツを漬け込んで熟成させたビールがある。醸造所によってベースのビールや果汁を入れるタイミングなどもバラバラなのでいろんな種類のフルーツビールがあると考えていい。

フルーツビールはジュースみたいなので、苦いビールが苦手なひとでもおすすめ!

写真 : カティヨン・クリーク(ベルギー)

特徴
  • 甘いものから酸っぱいものまで沢山ある
  • 苦味は少なく飲みやすい

おすすめフルーツビール

 

 

 

日本のフルーツビールを語る上で、このビールは外せません!ベースはのピルスナーに、岡山県産のマスカットの果汁・果肉を加えています。 そのため果実感があって甘いのですが、最後にしっかりキレのある、特に飲みやすいビールです。フルーツビールが飲める方なら、是非カティヨン・クリークのような酸っぱいビールにも挑戦してみてください!

 これだけ覚えれば、ビールはさらに楽しくなる

f:id:jam-pop-life:20170322104712j:plain

 今回は6種類のビールについて、フレンズと照らし合わせながら紹介してきました。これだけ覚えれば間違いなく、ビアバーに行ってもしっかり楽しめると思います!

 

味を見ながら、こんな感じなんだとスタイルを照らし合わせてきてください。アメリカンスタイルペールエールとイングリッシュスタイルのペールエールだって、味や香りが違います。それが分かればあなたも「違いがわかるオ・ト・ナ」

 

それからは、聞いたことないスタイルにもどんどん挑戦していきましょう!私ももう5年間飲んできて、いまだに驚かされる味が沢山ありますからね。たくさん飲んでお気に入りの一杯を見つけましょう!

 

 おわりに

 いかがでしたでしょうか。

 

この記事を書くにあたって、けものフレンズを最初から見直して行くと、どうも語彙力が無くなってきました。”洗脳”でしょうか。

 

友達と話をしている時でも「すごーい」(低い声)とか、「なななな~♪」とか素で出てしまいます。あと、「~なフレンズなんだね!」は便利すぎる。

 

 

 

最後に一つだけ言わせてください。

 

けものフレンズは寝る前に見ると安眠できる」

 

 ありがとうございました!

 

 

こちらの記事も読まれています

morikeitter.hateblo.jp

【ビールコンシェルジュ厳選】博多周辺の美味しいビールが飲めるバー(随時更新)

f:id:jam-pop-life:20170320130749j:plain

こんにちは。京都、大阪のビアバーはほとんど制覇した

ビールコンシェルジュの森ケイタです。

 

今回は福岡のおすすめビアバーを紹介します!

 

最近、クラフトビールが飲めるビアバーがどんどん多くなってきているのを感じます。

 

数は増えても消費者は、どこにビールを飲みに行けばいいの?となりますよね。

 

お店の立地や雰囲気は、ビールの味にも影響します。ここでひとつ、自分の好みに合ったビアバーを見つけてくださいね。

 

 

グッドビアスタンド(Good beer STAND )

 博多駅の横にある、KITTEというビルの10階にある

good beer STANDは、駅からのアクセスが超良いビアレストランとしておすすめです!

 

また、福岡は昼から飲めるバーが少ないのですが、ここはお昼11時から空いているので

店内は横に長い形状をしていて、テーブル席のほかにカウンター席も用意されているので、一人でも来やすい。女性の店員さんも多く、女性だけでも入りやすい雰囲気です。

 

f:id:jam-pop-life:20170320120952j:plain

 

常時25種類のビールがタップから飲めるので、沢山の種類のビールが楽しめます。

メニューはビールのスタイル別にラインナップが表記されており、わかりやすい。

 

親切にもビールの特徴が一文で書かれいます。アルコール度数を示すABVと苦みを示すIBUという指標まで明記されていますので、ビールのイメージがしやすいです。

わからなければ店員さんに聞けば丁寧に教えてくれますよ!

 

f:id:jam-pop-life:20170320121304j:plain

 

私が選んだのはニーディープのブレイキングバドIPA

ニーディープはカリフォルニアのIPAに魅せられたホップヘッド(ホップの効いたビールがとてつもなく好きな人)による醸造所。

 

比較的苦味は落ち着いていますが、香りがとんでもなくトロピカルなビールです。

 

f:id:jam-pop-life:20170320122034j:plain

 

僕は福岡のブロガーさんたちと情報交換するために2日連続で行きましたが、

雰囲気も落ち着いててゆっくりビールを楽しみながらお話しできる雰囲気でした!

 

f:id:jam-pop-life:20170320122710j:plain

 

ブロガーなら誰もが知っているであろう

「やぎろぐ」運営の八木仁平くんとgood beer STANDで飲んできました!

私のおすすめしたビールを飲んでご満悦のこの笑顔。

 

アクセス

 

 

 

グッドビアファウセッツ(Good beer Faucets)

現在リニューアル中!

リニューアル情報はグッドビアファウセッツFacebookページから

 

f:id:jam-pop-life:20170313153430p:plain

 

Good beer Faucetsの最大の特徴は、そのビアタップの多さです。国内外のビールが常に40タップ繋がっており、いつでも樽生のビールを飲むことができます!。

 

また、中州の川沿いにあるので、キャナルシティー付近の夜景が超キレイに見えます!

デートや気の合う友人、女性同士でもおすすめ!

 

f:id:jam-pop-life:20170313153743p:plain

 

アクセス

 

 

 

以下のお店については行き次第更新していきます!

他にもレビューしてもらいたいお店があればご連絡ください!

コットンフィールズ

クラフトビア・クリーク

クラフトビアブリム

【ビールコンシェルジュ厳選】美味しいおすすめビール8選~ピルスナー編~

f:id:jam-pop-life:20170320090225j:plain

こんにちは。

国内外合わせて500種類以上のビールを飲んだことのある

ビールコンシェルジュの森ケイタです!

 

 

クラフトビールって、種類が沢山あってどれから飲めばいいかわからないですよね。

 

値段も普通のビールに比べて倍近くしますし、適当に選んでもなんだかよくわからない味でおいしくない。

 

お金を払って飲むなら、はずれの無いビール選びがしたいと思いませんか?

 

今回は、日本人になじみの深いピルスナーにおいて

 

いわゆる「皆さんに一度は飲んでいただきたいビール」を

 

ビールコンシェルジュがおすすめします!

 

ピルスナーとは?

まず、ピルスナーについて軽く触れます。

ピルスナーとは、下面発酵酵母により醸造されるビールであり、いわゆるラガーとして知られているものの一種です。特徴としてはキリリとした苦味とシャープなキレが存在します。

ここまで聞くと、なんかピンときませんか?

 

「大手のビールのほとんどがこのジャンルに位置しているのです」

 

ゆえに、日本人が最も身近に感じているビールがこのピルスナーなのです。

 

そして、クラフトビール飲んでみたいけどもどれから飲んでいいかわからないという方が、エントリーとして入りやすいジャンルでもあります。

 

気に入るものがあれば、通販サイトでもチェックしてみてくださいね!

 

 

ミッケルズドリーム/ミッケラー

f:id:jam-pop-life:20170320002619j:plain

 

はなの奥をくすぐる柑橘の香りと

レモンピールの超繊細なシゲキ

ラ・ラ・ランドのエマ・ストーン感のあるビール

 

2006年コペンハーゲンにて、醸造所を持たないブルワリー(ファントムブルワリー)として創業したMikkeller。創業者のミッケルはマジシャンと呼ばれる程、ビール業界に影響を与えた。そんなミッケルの夢を乗せたピルスナー。飲むと夢見る女の子の華やかさと繊細さが交錯するが、実際ミッケルは割といいおじさんなので注意。

 

スタイル:アメリカンピルスナー

 

ピルスナーウルケル

 

f:id:jam-pop-life:20170320002704p:plain

最高傑作のピルスナー

ふくよかなママンを想像させるビール

 

世の中の甘いも苦いも教えてくれるママンを連想させるビール。キレが良くサバサバした女性の印象が強いが、コクや甘さ苦さもバランスよく整っているので、広範囲の人に、バブ味を感じていただけるであろう。実際は1842年にチェコで開発され、「ピルスナーの原点」と呼ばれるほど歴史が古いビール。

 

小樽ビール ピルスナー

f:id:jam-pop-life:20170316174316p:plain

脳まで届くフレッシュな香りと

優しく爽やかな飲み心地

陸上部の女子高生のようなビール

 

伝統的なピルスナーの製法を受け継いでいて、なめらかさと爽快感のあるビールです。

ホップの香りが鼻を突き抜けていく感覚はまるで生き生きとした陸上女子高生が駆け抜けていく様である。凛とした爽やかさが特徴。

 

 

大山Gビール ピルスナー

f:id:jam-pop-life:20170320002813p:plain

数々の賞を受賞した

まじめすぎて笑えない

正統派ピルスナー

秀才メガネ女子

 大山Gビールはピルスナーに限らず他のビールも超お勧めのブルワリーです。どれも完成度が高く、飲んでいて飽きが全く来ません。このピルスナーにおいても、2016年にインターナショナルビアカップで金賞を受賞するなど、多くのタイトルを獲得しています。それはまさに頭のいい秀才な女性。どこか表ではまともなふりをしていて裏で細かな戦略を立ててそうな雰囲気を持っているビールです。

 

ラグ二タス ピルス

f:id:jam-pop-life:20170319212327p:plain

 

シトラスな香りと

モルトのクリスピーさ

小麦色の肌をした

アクティブ白人女子

ラグニタスと言えばアメリカの西海岸では知らぬ人はいない程、ここ数年でぐんと成長してきたカリフォルニアのブルワリー。そこで唯一生産されるピルスナーは、豪快なホップ使いとクリスピーなモルトの軽やかさが特徴。太陽が照り付ける温暖な気候で、ノースリーブにハーフパンツを履いたサングラス白人女子の犬になりたい。 

 

コエド 瑠璃

f:id:jam-pop-life:20170319214953p:plain

 

日本人による日本人のための

エレガントな熟女系ビール

これもまた、バブ味のあるビール。ホップの苦味と香りが上品かつエレガントで心地よい。日本の気候に合ったビールを目指し続けるブルワリーの、職人魂を感じるこのビールからは、全体的に落ち着きがある30代後半から40代前半ののエレガントな日本人熟女を想像させられる。

 

クリームラガー ニードビール ベアード

f:id:jam-pop-life:20170319215947j:plain

広がるホップの香りと

軽やかな口あたり

話しやすい女友達系ラガー

ベアードから発売されているクリームエールと同じ原料を用いて、使用する酵母だけ変えて醸造したビール。なので飲み比べると酵母の性質が分かって面白いと思う。たとえるなら話しやすい女友達ですね。男女関係なく、なんでも気兼ねなく話せる女の子って、飲んでて楽しいじゃないですか。 このビールも飲んでてなんか安心する軽やかなビールです。

ピルスナー 箕面ビール

 

f:id:jam-pop-life:20170320003003p:plain

 

まるで年上女性に優しく

包まれているかのような

ピルスナー

先代社長の3姉妹が経営しているブルワリーということもあってか、箕面ビールはどれをとっても女性感の感じるビールである。このピルスナー はホップの香りや苦味よりも、パンやクラッカーなどのモルトの風味を強く感じるビールです。モルトの甘さから、年上女性の優しさを感じ、思わず甘えてしまいたくなるようなバブ味のあるビール。

いかがでしたでしょうか。

 

お気に入りのビールは見つかったでしょうか?

 

次回はおすすめのエールビールを紹介したいと思います!

 

以上、森ケイタでした。

 

 あわせて読みたい記事

morikeitter.hateblo.jp

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...