ビア会

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Barbourの禁忌をおかしまくる!

メンテナンス・リペアリング 趣味

【スポンサーリンク】

こんにちは けいったー(@morikeitter)です。

最近は朝晩冷えてきましたね。秋の気配がします。これからどんどん寒くなっていくんだろうなあ。何年たっても寒さにはなれません。

朝の布団からなかなか出れない。足が冷える。風邪をひく。体弱すぎな僕はちょっと鬱になってくる季節です。

でもファッション好きにはいい季節ですよね。アウター何にしようかなとか、ニット、靴の選択肢は多くなってくる時期です。

 

そんな僕はこの前、イギリスの超有名ブランドBarbourデビューしました!

Barbourといえば一番人気で有名なのはBedale(ビデイル)でしょう。

BEDALE ビデイル

http://www.japan.barbour.com

襟がコーデュロイでできていて、胸にハンドウォーマーが付いてるタイプです。Beaufort、Borderに比べて丈が短い。

ビデイル、めちゃめちゃカッコいいんですが、ちょっとみんな持ちすぎかな。それに、人気の形なのでなかなか安くならないんですよ。

 

他の形もいろいろ見ていたのですが、マウンテンパーカーのように軽く使えるのに心惹かれてしまって。破れほつれなしで状態もいいみたい。

メルカリでライナー付きで1万切っていたので即決してしまいました。

barbour derham.jpg

barbour derham check.jpg

中古で買ったBarbourでどうしても気になるのが、古いオイルのにおいと汚れでしょう。古いオイルはどうしても酸化臭がして着てても気になる。黒いアタリも味ではあるが、臭いのせいで着れないのであれば意味ないでしょう。

それならば、ゴリゴリ洗ってあげればいいのではないでしょうか!!

しかし、バブアーの選択タグを見てみると

 

お湯洗いダメ

洗剤ダメ

アイロンダメ

乾燥機ダメ

 

全部ダメじゃん!!

どうりでにおいがキツクなるわけですわ。

でもこのままだと着ないだろうなーと思った次にはお風呂場に行っていました。

お湯で洗う

barbour wash.jpg

45℃のお湯で

barbour wash2.jpg

ざざざざぁー ざまあみろ!

バブアー4大禁忌の一つを犯してやりました。

オイルとにおいを軽く落とすだけだったので

とりあえずこれで一日乾かしました。

においチェックをしたところ、大丈夫そうだったのでこれで完了。

次の日、大学にもっていってポケットの中などまだ乾ききっていないところをドライヤーで乾かしていたところ、後輩の女の子に「鉄さび臭いですね・・・」と言われました。どうやらにおいは取れていなかったようです。

筆者はこのにおいに慣れすぎて全然気づきませんでした。いろんな人に確認してもらったのですが、特に女性から「くさい」という評価を頂きました。(ケニア人女性はいいにおいだと言っていました。)

 

WASH再開!

まずは前回同様熱いお湯で全体を洗います。

そしてここで強い味方、おしゃれ着洗剤エマールです。

ema-ru.jpg

これを、お湯を張った洗面台に入れ、よくもんでいきます。

 

ema-ru 2.jpg

ごっしごっしごっし

barbour yogore.jpg

するとこんな感じで色が出てきました。

これ、汚れももちろんあると思うんですけど、生地の染料が落ちてるでしょ。

あんまりやりすぎるとアタリがバリバリ出てきそうだったので一回でやめました。

 

その後、裏返しにして干していきます。

 

ワセリンを塗り込む

バブアーといえばオイルドコットン。でも洗って落としてしまったら意味がない。

でも純正オイル使えばまた臭くなるだろうなーと思って、おうちにあるもので代用しました。

革製品や自分の肌のケアに使うワセリンです。これなら肌についても気になることなく使えるんじゃないかな。

vaserine.jpg

レンジでチンして使うことも考えましたが、今回はそのまま布で取って、塗り付けるスタイルで入れていきます。

20161027015412.jpg

ゴリゴリ塗っていきます。結構根気よく塗り込みました。

ただ、ワセリンが固体のままだったので一気に広く塗り込めず、だいぶ時間がかかりました。

20161027015359.jpg

やっと半分近く終わった時には2時間近く経過していました。

20161027015330.jpg

塗り終わったところは、ドライヤーをかけて布にワセリンをなじませます。

 

20161027015427.jpg

縫い目のところは指ですり込んでいきます。

ワセリンの融点って35℃から60℃くらいで、人の体温くらいでぬるっとしてきます。これを利用してすりこみ続けました。

すりこみ始めて4時間が経過したころ

vaserine barbour.jpg

じゃーん!

ワセリンバブアーの完成です。悪いにおいは本当にありません。ワセリンの香りと、中からかすかにエマールの香り。

これだけでも味がめちゃめちゃ出ましたね。

しかし僕はこれでも飽き足らず、、、

アイロンをかける

バブアーの禁忌、犯しまくりですね。ここまでくるとなんでもやったれって感じです。

20161027015503.jpg

当て布もせずゴリゴリ

20161027015512.jpg

油分なんて関係ねえ、そのままゴリゴリアイロンかけていきます。

低温に設定してアイロンしたのですが、もちろん、ワセリンが浮き出てきます。でもこのおかげで塗りむらが少なくなっていってくれるかなと期待していました。実際、ボタンの近くとか塗りにくい場所にアイロンをかけてあげると、周りの部分からワセリンがしみこんでいくのが見られました。

アイロンの接面部は無論ベトベトに、でもティッシュで拭き取ればすぐにきれいにできました。

 

完成!!

20161027015523.jpg

20161027015534.jpg

バブアーが見事に生き返りました。皆さんがどう思うか知りませんが僕はそんな気がします。

においもない、よごれていない、油ついてもワセリン

なんて安心なバブアーでしょう。

ちなみにこの後着てみて、若干のサイズダウンを確認しました。洗うと縮みます。

また、そのせいで、部分的にヨレが出てきます。ちょうどジーンズの裾みたいなヨレです。

でもそれが味のあっていい風合いを醸すのではないでしょうか。

 

皆様のバブアー、もし臭いや汚れ、サイズ感のせいで使っていないのであれば、やってみる価値はあると思います。

その際は、自己責任でお願いしますね。

細かい点で気になるところがあればお教えしますよ!何かあればコメント欄にどうぞ。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...