ビア会

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビールに溺れて5年。僕のビール愛を2000文字に詰め込んでみた。

けいったー ビール

【スポンサーリンク】

こんにちは!

ビールが飲める歳になってはや5年、

 

飲んだビールの銘柄は、まあ余裕で500は超えましたね。

(すっごいアバウト。感覚的にですよ。)

 

死ぬときはビールで溺死したい。

 

ビール中毒ブロガーのけいったーです!

f:id:jam-pop-life:20170302153053j:plain

挑発的な表情ですみません。必死で笑顔作ったらこうなりました。

 

少し前ですが、ビア会の前進である「学生ビア会」で会長を務め、

30人規模のビール試飲会をおこなっていました。 

f:id:jam-pop-life:20170302153318j:plain

 

 

今回は語っても語っても尽きないビールへの愛について少し書いていこうと思います!

 

けいったーとビール

f:id:jam-pop-life:20170302154929j:plain

ビールに魅せられたきっかけは何だったのか。

 

それはさかのぼること5年。

 

僕とビールの出会いは、20歳になりたての時、アルバイトしていたコンビニのバックヤードでした。

 

当時コンビニのビール売り場には、ビール大手のASAHI、KIRIN、SUNTRY、SAPPOROがズラーっと並んでいる状態でした。クラフトビールなんて手にすることできなかったんです。

 

たまたま僕の働いていたコンビニで、今ではクラフトビール会で超有名なヤッホーブリューイングの「よなよなエール」が置いてあり、なんだろなこれと手を取った事から始まりました。

 

 

 

コンビニバイト時の店長とはソリが全く合わなかったのですが、

コンビニでクラフトビールなんて考えられなかった時代にこの仕入れセンスは尊敬します。ありがとうございました。

 

それからはオーストラリアに行って現地のクラフトビール飲んだり、日本の地ビールを求めて旅したり、ビール漬けのエブリデイ。

 

 

ビールは魅力が多すぎて全然飽きさせてくれないんだよ!どんだけ~!

 

 

ビールは "ストーリーつきのアート"

f:id:jam-pop-life:20170302155637j:plain

ビール会社の大きさってピンからキリまであるんです。皆さんご存知の大手企業から1~3人で小規模に作っているところまで。

 

特に小規模なマイクロブルワリーではビールを造る際に「こんなビールが飲みたい!」という感覚を重要視しているブルワリーが多い。

 

このときに最も重要となるのが、ブルワー(ビールの造り手)の感覚!

 

ブルワーがこれまでに飲んできたビールの味から、もしくはビール造りの材料となるモルト、ホップ、酵母の特性からたくさんのインスピレーションを受け、それをかけ合わせることによって新しいビールが生まれます。

 

「このとき飲んだビールの味が忘れられない。何とか自分たちでアレンジできないか」

「このホップの香りを最大限に生かしたビールが飲んでみたい」

 

こんなことを考えて一つ一つ造って行くから、ビールにはストーリーが付くんです。

 

ブルワーさんとビール飲むときとか最高に面白いですよ。たかが1銘柄のビールの裏には様々なストーリーが詰まっていて、色んな話聞けますから。

 

 

そして、沢山のインスピレーションを受けたビールは、世界に同じものが1つたりともありません。どのビールも素晴らしい個性があります。

 

これを飲んだ人たちは、何かしら感情を揺さぶられるわけですね。

旨い、まずい、甘い、苦い、心地よい、不快。いいも悪いも全部、ビールを飲んだから心が動いたんです。

 

これはもうアートとしか言いようがないですね。

 

 

僕はこの前、正露丸味のビールを見つけて記事にしました。

不味かったんですけど(ニュージーランドのブルワーさんゴメンナサイ)

面白いと思ったので皆に知ってもらいたかったんです。

morikeitter.hateblo.jp

 

是非このビールを造ったブルワーさんにお話を聞きたい。その後ろに絶対面白いストーリーがあるから。

 

 

横に強い繋がりのあるクラフトビール業界

f:id:jam-pop-life:20170302154649j:plain

クラフトビール業界って、大手ビールメーカーみたいにいがみ合ってシェアの取り合いしていないんですよ。むしろ仲がいい。

 

まだまだ業界の規模を拡大していこうって動きが強くて、皆で協力してクラフトビール業界を盛り上げていこうと、フェスの開催や交流会によってマイクロブルワリー間での情報交換が頻繁に行われています。

 

僕はここにクラフトビールの魅力を感じます。僕は業界の人間ではないんですが、ヤッホーブリューイングインターン醸造所訪問やビアバー巡りで人脈もできてきました。ただ飲んでお話ししているだけなんですけどね。

 

ビール一杯でいろんな人と知り合えるし、楽しく飲めるし、お仕事ももらえたりするし。

 

 

東京駅前のスワンレイク直営ビアバーは、全国のブルワーさんが集まってくるそうですよ!以前行った時の感想を載せています。良かったらみてね。

morikeitter.hateblo.jp

 

こう考えたら、クラフトビール業界とブログ業界って似てますね。ブログサロンの「ブログビレッジ」や八木仁平くん主催の「ブログカレッジ」に入って横のつながりが一気に強まりました。 

 

 

 

あと、このブログのキャラクターとしてたまーに出てくるこいつ

f:id:jam-pop-life:20170302145453j:plain

のモデルになった奥田くんは、大手ビール会社の営業をしているのですが、居酒屋に入れるビール枠を他社と取り合いばっかりしているそうです。

いがみ合いばっかりせずにクラフトビール業界に習って業界全体を広げる活動をしてほしいですね。してるとしても、国内市場は年々収縮してきていますし。

 

 

最後に一言

今回は小一時間あっても語りつくせないビールの魅力について、ほんのちょっとだけ書きました!

これからもビールブログとして皆さんに最高の”ビア”ライフを送り続けていきたいです。

では、最後に一言だけ・・・

 

 

 

 

「君の酔った顔が見たいなぁ」

 

 

 

 

以上です!

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...